top of page
  • 執筆者の写真大場敬子

再婚希望者 再婚理解者

婚姻届けにサインをして、二人仲良く市役所まで提出しに行き、喜びと幸福感を味わい知る新婚生活。しかし、二人が幸せではなくなり、色々と複雑極まりのない喧嘩と愚弄する関係にピリオドを打って、二人納得のうちに離婚届にサインをして役所に提出した。


婚姻届けの時の心模様と、離婚届の時の心模様、二人という単位の数だけ物語があります。


そして離婚されます時の、それまでの生活様式、家族のことなど整理して、一番良い形で精神的にも物理的にも清算する。


そのエネルギーは大変なことで、多大です。

結婚します時に体重にまで影響します人もいますが、離婚はその何倍ものエネルギーが生じますことは一般的なことと言えます。


「令和4年度 離婚に関する統計の概況」(厚生労働省)によりますと、1年のうちで離婚件数が最も多いのは3月だということです。年度が変わる時期であることが関係しているのかもしれませんが、4月に入りました今月は、離婚されましてお一人暮らしでしょうか、それともご実家に戻れて親と同居で居心地の善し悪しでご苦労でしょうか。


どちらに致しましても、心の傷と経済的なご負担等の、ご自身が失いました精神的、物理的なものは大変でしたでしょう。


厚生労働省が公表している「令和4年簡易生命表」によると日本の平均寿命は、男性が約81歳、女性は約87歳です。


最初に離婚した時の年齢は、平均すると、女性は33.9歳、男性は35.5歳とのデーターがあります。


そうしますと、離婚後の、女性は87歳-33.9歳=53.1歳、男性は81歳-35.5歳=45.5歳

女性は53.1年間、男性は45.5年、独身で、お一人様ということです。


お一人は淋しいです。

特に、定年退職後及び、病気や怪我などしますと、心細く、傍に心許せる人がいたらと切に願います人の多いことを結婚相談所ブリスマークは知っております。


30代、40代はご自身が求めますお相手と出会い、お付き合いが出来ましても、40歳を過ぎまして、50代、60代と年齢が増しますと再婚致します条件や許容範囲に希望することが限定されてしまうことが多くなります。


離婚の理由は様々おありでしょう。

ご自身の人生ですから、前向きに、幸福であることの心身ともに与えますことの大切さなど、いろいろお話しながら、再婚のお相手を探しませんか。

結婚カウンセラー 大場敬子

Copyright(C) BLISSMARK® . All rights reserved. Keiko Oba


イベント婚活パーティ https://www.blissmark-japan.com/party

【HPカテゴリー】

ブリスマークについて  https://www.blissmark-japan.com/outline

ご成婚者様の声  https://www.blissmark-japan.com/marriage

Comentarios


bottom of page