• 大場敬子

色々お相手?vol6. 藍色の人

更新日:10月1日



恋心を抱けるお相手と恋の門を開けて、恋心の戸を開け放ち、恋心が育つ。トレンド(trend)とは、流行、動向、という意味。


ご結婚を希望されていらっしゃいますあなた様は、藍色はお好きでしょうか。

藍色に見えます私たちの目は、太陽または白熱球の下では、もちろん脳で判断して藍色です。


藍色は、植物の藍が作り出すです。が素晴らしい働きをする植物であることを知っていますか?


藍色については、古くは、治承年間(1177年から1181年)に、民家の廊下口に藍染めの布を掛けた風景が登場したとの記録が残っています。家の間仕切りとして利用されていたようです。又、営業している証や屋号を示すのれんとして用いられ、によって業種を区別していたようです。藍染めのれんは、手堅さを身の上とした商家や、虫を寄せ付けない特性があるので呉服屋が好んで使用したようです。


は、石碑お墓、門柱などに使用して仕上げる技法があったとのこと。染液塗布したり、藍の生葉や乾燥葉を水に溶かし加工物を浸したりし、それは、美しい色強度を生みました。


藍の華の色素を凝縮し、乾燥させたものを棒状にしたものが藍墨。日本を代表する絵画、浮世絵に使用されました。

泥藍釉薬混ぜて使う手法は、「有田焼」や「伊万里焼」にもあります。


には防虫効果があり、乾燥葉すくも和紙で包みタンスに入れウールやシルク繊維の保存に使用しました。


薬草としても効果期待できました。

四国八十八ヶ所霊場巡りのお遍路さん飲んでいたとのこと。はじまりの地の吉野川を渡る時、船頭さんがお遍路さんに、お腹の調子が悪くなったら煎じてゆっくり飲むようにと、もめんの袋藍葉を入れて手渡したそうです。また、夏バテの時や熱を出した時藍の種を煎じてお茶にして飲んだり、虫にさされた時に葉をすりつぶして薬代わりにしていたようです。


身体を清潔に保つ力があるとのことで、藍の葉のエキス入れた石けんがあります


藍は、染料の原料としてだけでなく薬⽤植物として古くから、解毒や解熱、消炎のために利⽤されてきました。また、中国医学では、流⾏性感冒、脳炎、細菌性下痢、急性胃腸炎に効果があるとされています。


藍を栽培する藍農家さんがいらっしゃいます。

結婚相談所ブリスマークは、藍色を抽出しますと、自負します。

プロテクトできる要素:マル適マーク取得・商標登録済み・結婚カウンセラー認定証保持・提携&加盟で共有会員数多数など、安心と安全、信頼と信用で活動できます。

そして、の持つ、様々な用途で力を発揮できるとして、布、焼き物、石、建材などの様々な効果、薬草としての効能。


比喩的な意味での、藍色の安心感、効能としての相性の合う、お互いに支え合える守ってくれるお相手、人生を共にするお相手として薬草となる方をブリスマークブライダル®で見つけましょう。

結婚カウンセラーの大場と探しましょ。


結婚カウンセラー 大場敬子

次回は、「色々お相手?vol.7 紫色の人」です。