• 大場敬子

お酒を飲んで 楽しく笑っていても 涙が出てきてね



飲んで、飲んで、飲まれて飲んで、飲んで、飲みつぶれて眠るまで、飲んで

河島英五の「酒と泪と男と女」いい歌だね。

何があったのか、飲まずにはいられない何かがあったんだろうなぁ。酒の力かぁ。 

悪い酒で、くどくなったりする人、口説くようだと嫌がられるね。良い酒で、功徳がいいよ、善行の誠実な人がいいよ、ね。


明るい酒はいいね。楽しいよね。

ここ、カウンタバー檜には明るい人が多く来るよ。笑い上戸の、なんでも楽しくって仕方のない人っていいよね。釣られてこちらも楽しくなって、笑い疲れて、それこそぐっすり眠れるよ。


いつだったか。

カウンターで水割り飲んでた40代後半の女性だったなぁ。若いころに 死にたくなるほどの辛いことがあって、そのことを思い出して。お酒って時々、遠い昔を思い出させてしまうことがある。


彼女、もう過去のこと、忘れた出来事、それなのに。何かの拍子に、忘れていたと思っていたことが思い出されて。 

思い出した瞬間、昔のその時の自分がフラッシュバック。過ぎたことなのに、忘れたことなのに、心がそのことを覚えていて、苦しくて、悲しくて、どうしてなの?! 自問自答してたよ。

思い出したことを消し去りたくて必死だったよ。前向きに楽しい時間を過ごしたいって。

お酒を飲んで、楽しく笑っていても、涙が出てきてね。


いいよ、いいよ、泣きなよ。

いつから泣き上戸になったのって聞くと、今、今だけよ。わかっているんだけど、 泣きたくないんだけど、涙があふれてきてどうしようもないの。

胸の奥で燻ぶっていて、忘れていなかったんだね。

偉いよ。自分を見失わないように頑張ってるのがわかったよ。


他愛もないことを話して、笑い飛ばす。そんな時間も必要さ。時間だけが解決してくれることが人の心には多いのだから。


でも、飲んで飲んで飲み続けて忘れられることなんてないよね。

それより、笑って笑って笑い続けて忘れることの方がいいよね。


は、笑って白血球増やして元気になるか、私は200歳以上なのだから。


旅先での人との出会い、日常の自分と少し違ってて、肩の力を抜いて、リラックスして、ペンションでくつろぐレストランの食事を楽しんで、ラウンジでくつろぎ、カウンターバー檜でお酒を飲む。


飲みつぶれて自分を見失うんじゃなく、静かに自分を見つめることがサンテミリオンではできるよ。そんな雰囲気を持っているんだ。

待ってるよ。一緒に飲もうよ。


河島英五 「酒と泪と男と女」 https://www.youtube.com/watch?v=Uxy9Keo_KVc

カウンターバー檜 ママ:大場敬子 2013年

仲人の技 mediate  https://www.blissmark-japan.com/mediate

結婚相談所ブリスマーク®ホームページ https://www.blissmark-japan.com

Copyright(C)2022 BLISSMARK® All rights reserved.  BLISSMARK® Keiko Oba.