top of page
  • 執筆者の写真大場敬子

紅葉の旅

更新日:2023年9月9日


北海道の大雪山から徐々に南下する紅葉を紅葉前線と呼ぶそうな。

その、北海道の大雪山系の最高峰の旭岳(2291m)は6月から紅葉が始まっていて、9/16には平年より9日早く初冠雪。9/24現在で30センチもの積雪でまるでスキー場のようになっているそうです。


岩手の最高峰、岩手山(2038m)と経緯度の違いがありましても、標高253mの違いでこうも違うのですね。


同じ日本の国土でありながら、残暑?!厳しい所もあれば、冠雪が見られます所もありますことは日本の地形のなせる業! 日本だからこその“よさ”ですね・・。なんといっても、北から南まで、さらに世界遺産まで、ビザ(査証;入国許可証書)なしでこんなにも楽しめるのですから。



安比高原「前森山の安比高原スキー場ゴンドラ」で楽しむ秋の紅葉が始まりましたよ~♪(快晴の9/28にゴンドラ遊覧山頂で秋晴れの素晴らしい景色とパラグライダーを楽しむたくさんの方たちを見てきて、ホント感動でしたよ!そして、毎年見る紅葉ですが感動が違います!!) 安比高原、紅葉が始まりこれからが見ごろです。どうぞ、お越しください!


紅葉が始まって終焉を知らせる冠雪まで通常約1か月ぐらいだそうです。

紅葉の見頃は北海道と東北地方が10月、山間部や内陸では朝晩の冷え込みが極端だったりしますと、通常より早いこともありますが開始後、20〜25日程度で赤や黄色の山々の色とりどりの色彩豊かな錦絵が、墨絵のような趣深い季節が到来します。


岩手県は全国一の山ぶどうの生産地です。

とりわけ、八幡平市は県内最大の収穫量を誇ります。

日本固有の野生種である山ぶどうは普通のぶどうに比べて繊維やポリフェノール、カルシウムや鉄分などのミネラル含有量が極めて高く滋養強壮剤として知られており、βカロテン、B 6、C、Eなどのビタミン成分も豊富で、理想の健康食材の一つとも言われています。

その八幡平産山ぶどう100%の原液「こすず」がワイングラス一杯ついてきます。

創作フレンチ【八幡平産 山ぶどうローリングベル】とお楽しみいただけます。

ペンションサンテミリオンのママでした。大場敬子2023.5.7記

Copyright(C)2023 BLISSMARK®. All rights reserved.  BLISSMARK® Keiko Oba.

大場敬子の読み物 https://www.blissmark-japan.com/reading

結婚相談所ブリスマーク®ホームページ https://www.blissmark-japan.com

Comments


bottom of page