top of page
  • 執筆者の写真大場敬子

女一人旅



雑踏の中、心騒がしく過ぎてゆく毎日、黄昏ていく都会の夕暮れに 『今日も一日が終わったわ。』

心の隙間を見て見ぬふりして足早に駅のホームに向かう帰路を急ぐ。

小走り気味に家路を急ぐ足を、サンテミリオンに向けてみませんか。大自然の中で深呼吸してみませんか。


ヒールを脱いで 裸足の心

サンテミリオンでゆっくりと寛いでみませんか。

サンテミリオンで過ごす午後の時間の流れはゆっくりと過ぎていきます。

薫り立つ挽きたてのコーヒーをいただきながら 心静かに音楽を楽しんでみませんか。

ラウンジにあるバーでポッと心と頬をほんのりピンクに染めてみませんか。

カウンターバーの椅子を「止まり木」とも言うんです。

ペンションサンテミリオンにとまられますことをお待ちいたしております。


になれば草木が萌木色に光り輝き、山菜を楽しみに人々は山に入る。

青々と生い茂った生命感あふれる山々に避暑を求めて訪れる。

には色とりどりに染められた「山というキャンバス」に描かれた錦絵を鑑賞しつつ、実りの秋に舌鼓を打つ。

真白に覆われた山々に畏怖の念を感じつつも、雪と一体化となり滑り楽しむ

安比高原は私たちを楽しませ、リフレッシュさせてくる最高の場所


ペンションサンテミリオンは

創作フレンチ料理にお客様が喜んでいただけますように。

大画面画像と4つのスピーカーの立体音響にお客様が満足していただけますように。

展示させていただきますママの絵画にお客様の心が安らぎと感じるものでありますように。

そして、おもてなしの心をいっぱいにお客様とふれあいたいと考えています。

ペンションサンテミリオンのママでした。大場敬子2023.4.2記

Copyright(C)2023 BLISSMARK®. All rights reserved.  BLISSMARK® Keiko Oba. 修正版


仲人の職人技 mediate https://www.blissmark-japan.com/mediate

大場敬子の読み物 https://www.blissmark-japan.com/reading

結婚相談所ブリスマーク®ホームページ https://www.blissmark-japan.com

Comments


bottom of page