• 大場敬子

自分主役のストーリーは時として心の整理がつく



生き方のリズムの、調和の取れる相手を 急がず スロー スロー クウィック クウィック♪ タイミングは必ず訪れる。 これからの人生を一緒にスイング♪ いろいろなことがあって、嫌なところも見つかったりもするけど、絶対分かり合える一緒一生、スイング♪


『なかなか出会いの機会が訪れずに今日まで来てしまった。焦る気持ちと、諦めの気持ちと』

信じてください、必ずその出会いの日訪れます! 


『過去に辛い思いをしました。信じてた相手に裏切られました。結婚なんて、自分が傷つくのは嫌なの。でも一人は淋しい。』

誠実な人がいるのは事実、不誠実な人がいるのも事実。

男も女もキツネと狸のばか試合では、本当の幸せをつかむことはできません。真っ正直に、婚活はすべきです!


独身者同士が、出会って、「この人」と決めたら一生添い遂げる! 

伴侶との人生50年、いや80年も100年も添い遂げられたら素晴らしいことですね!


*******

私の心はくたくたで、暗闇の中にいた

膝はがくがくで、だれかの支えなしには立っていられなかった

あなたは私の心をすくい上げて 支えとなってくれた

あなたのそばで横たわって 目を閉じて 二人そこにいるだけでいい 

あなたは私のそばに永遠にいると

あなたと私が一緒にいること以上の幸福はないと


でも、あなたには私の 決して知る由もない 他の顔があった

あなたが私に話してくれたことは、すべて ひとつ残らず だった

あなたが仕掛けたゲーム、それも いつもあなたが独り勝ちするゲーム


だから、私は雨に火を点けたの 

あなたの顔に触れながらずっとそれを見ていたわ

そして、燃え上がった時、私は思わず泣き叫んでしまった

だって、あなたの名前を求めて叫ぶ声が聞こえたから


雨に火を点けて、私たち二人を燃え盛る炎の中に投げ込んだの

その時、私たちの何かが死んだのを感じたわ

私にはわかったの、あれが最後だったと


二人の関係がもうすでに終わってしまった今でも、あなたがつかまえた私の心あなたを探す

だから、私は雨に火を点けたの 

あなたの顔に触れながらずっとそれを見ていたわ

そして、燃え上がった時、私は思わず泣き叫んでしまって

だって、あなたの名前を求めて叫ぶ声が聞こえたから

雨に火を点けて、私たち二人を燃え盛る炎の中に投げ込んだの

その時、私たちの何かが死んだのを感じたわ

私にはわかったの、あれが最後だったと

Let it burn  Let it burn  Let it burn


私の好きな一曲です。大場流意訳です。

アデル 「セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン」

You Tube   https://www.youtube.com/watch?v=Ri7-vnrJD3k  


半世紀以上も生きてきますと、たくさんの人との出会いがあって、たくさんの出来事があって、そのたくさんの一つ一つが、自分の人生とどうかかわってきたのか、過去を振り返らず、前進あるのみ!と、おっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、相応し相応しい時に、自問自答してみるのはいいことかもしれません。


自分主演のもちろん監督自分の映画なら、一番良い席、特等席で、その上映を観ることができて。

主役映画の「タイトル」はどうでしょう。映画の「内容」はどうでしょう。 映画を見た人に「何を伝えたいのでしょう。」

人の心って不思議です。楽しかったり,嬉しかったりしたことよりも、辛かったり、悲しかったりしたことの方が印象に残っていて・・。だから、心の状態方向付け励まし合い支え合う相手が必要だと、つくづく感じています。


これからの毎日がどんどん若くなるのならいいのですが、年を取る、体が衰えてくると、心までもが弱くなるのは、一般的なことですから。


人生の歩みの中で、「Let it burn」の必要な時があります。

心にピリオド「。」を打つことが必要な時があります。

すると、前に進むステップが自ずから見えてきて、そのステップはとても軽いものになったり。何段もある階段を一気に上ることだってできます。


何故? それは、一緒に駆け上ってくれる相手がいるのですから。

安比高原にて、ペンションママでした 大場敬子


結婚相談所ブリスマーク®ホームページ https://www.blissmark-japan.com


閲覧数:0回0件のコメント