top of page
  • 執筆者の写真大場敬子

白い恋人達 – 桑田佳祐

昨日、2023年12月17日(日)に、仙台管区気象台は仙台の初冠雪を観測しましたということで、平年より6日遅く、昨年より3日遅い、風に舞う初雪の中、日曜日でしたから多くのお見合いによる出会いが有りましたことでしょう。大場も仲人ですので、お見合いのお引き合わせやご紹介など忙しくしておりました。初雪の外気は凍えるようでも、心の中は暖かい出会いとなり、ご縁が結ばれますようにと、初雪の佳き日となりますようにと、祈るばかりでした。


雪で覆われました自然界の、それぞれ婚活をされていらっしゃいます老若男女様の今までの人生の、殺伐としました浮世も、過去へのこだわりや忌々しい数々の出来事などはなかったかのように覆い隠してしまうその白さを正当化し、何もなかったのだと、そして、過去の事より、これからは前向きに前進あるのみと、雪の白さを意識して、心機一転されますことも良いことです。

初冠雪でそのような思いは、等と思わず、人は弱いです、ですから、何かのきっかけを必要としますから、初冠雪をきっかけに、新たな一歩を踏み出してみますことは良いことですね。

 

 

過去の出来事、冬の恋の終わりを歌いつつ、新しいホワイトラブを求め、祝福として訪れることを願う。


雪の降り積もるその風景と凍りつく寒さ。その降り積もる雪の中でも心は熱い愛で、ときめいている、白い恋人達

凛としたその空気感にホワイトラブの白い恋人達

そんなホワイトラブを歌い、白い恋人たちを歌う

 

素晴らしい歌詞の、桑田ワールド♪【桑田佳祐 – 白い恋人達】から、結婚カウンセラー大場敬子の門恋戸(トレンド)music♪

 

夜に向かって雪が降り積もると、哀しい気持ちがそっと胸にこみあげてくる。

君を愛している心の灯を涙で消して、通り過ぎて行く季節をただ無意識に、ボーとみている自分。客観的に現実を見ることがまだできていない自分がいる。

 

過去は過ぎ去ってしまって、その二人の関係を取り戻すことはできないけれど、でも、誰かを待っている自分

 

ああ、誰かにときめく恋の歌を奏でるセレナーデ、恋の歌を歌いたい。

聖なる鐘の音が響く頃には、白い恋人達に、ホワイトラブな自分に

そう、春が来る頃までにはさ。

 

心が折れそうだよ、負けそうだよ。孤独でどうしようもない。

でも、希望を胸に抱いて、ホワイトラブを待つのさ。

 

そうさ、泣き濡れた冬に、涙こらえて奏でる愛の歌、旅立ちの歌を、永遠のホワイトラブを僕は願っているんだ。

 

といった桑田バラードで、心に入り込む、その世界観がたまりませんね。

 

さて、白い恋人達になりますこと、ホワイトラブは、待っていてもいつ訪れますのかわかりません。訪れるために、行動しませんと!

 

その一番の近道が、結婚相談所ブリスマークでの、お相手探しです。


あなたが、loneliness:孤独に、感じることなく、ソフト面&ハード面での、オリジナルケアで活動できます。


今年も残り13日です。結婚活動スタート致しましょう。

結婚カウンセラー 大場敬子

Copyright(C) Bliss mark®. All rights reserved. Bliss mark® Keiko Oba.

 

桑田佳祐 – 白い恋人達 https://www.youtube.com/watch?v=pvqvBAA-0AE


結婚相談所ブリスマーク®ホームページ  https://www.blissmark-japan.com 

【ここが違う!8M】

mode 仕様       https://www.blissmark-japan.com/mode 

members 共有会員数  https://www.blissmark-japan.com/members 

marriage ご婚約     https://www.blissmark-japan.com/marriage 

mediate 仲人の技   https://www.blissmark-japan.com/mediate 

manage 管理     https://www.blissmark-japan.com/manage 

motivation  動機     https://www.blissmark-japan.com/motivation 

meet 出会い      https://www.blissmark-japan.com/meet 

move 活動       https://www.blissmark-japan.com/move

bottom of page