• 大場敬子

油絵のようなパステル画~菜の花と藤の花~



菜の花藤の花一面に広がった黄色に輝く菜の花畑菜の花は近くで見ると、薄い花びらで弱弱しく、花弁は刺激で散ってしまうのに、菜の花畑になると黄色の絨毯のようで、その絨毯の上を、瞼を閉じて歩くイメージを抱くなら、優しさに包まれて心が温まり喜びを感じます。越後の山間の風景。


落葉樹にしっかり絡まる紫の藤の花の美しさ。

藤棚を愛でる美しさは、作風を演出されます世話人の個性が出て、ライトアップなどされますと、この世のものとは思えない神秘的な美しさで、日本の美演出します。

その藤の落葉樹に絡むその生命力紫に咲き誇る様子、熱烈に木に絡まる藤の花は、まるで、初々しい恋物語のようにも。伝説めいた恋物語を描きたくなります。そのつる性の花木が、長い花を垂れさせて花木となる、舞妓さんのかんざしですね。

生命力を意識しましたパステル画。油絵のように描いてみました。


【菜の花と藤の花 F4】 パステル画 大場敬子

ブリスマーク®ギャラリー https://www.blissmark-japan.com/artgallery

株式会社ブリスマーク®  https://www.blissmark-japan.com

閲覧数:0回0件のコメント