• 大場敬子

本来、子どもは「諦める」ことをヨシとしない。



就学前の幼児が欲しいものがあると、様々な状況や事情があろうとなかろうと欲しがり、周りの仲間や大人を困らせたりする。聞き分けが良い、悪いということは別の問題として、欲しいと思うその「欲望」は、生きていくうえで必要です。


人の道に準ずるという前提での成し遂げたい、または、自分の所有物としたい、将来の目標たるものに向かい「諦めず」「貪欲に」「執着する」ことは生きていくうえで大変重要な要因といえます。特に、小学から中学高校へと「学問」に対して、執着して貪欲諦めず取り組むことは望ましいことです。


才能というものは、とてつもない努力があって初めて開花するもの」とはっきりと言い切るのは、フィギュアスケート界の名コーチ「ロシアの女帝とも呼ばれるタチアナ・タラソワ氏」。


荒川静香さん、浅田真央さんを育て、選手の力を引き出して世界の頂点へと導いた人。彼女はさらに、『私の辞書に「2位」という言葉は存在しません。』という。


『順位なんて、その努力する過程大事だ。』と考える人もいるでしょう。しかし、一つの終結真剣に考えたとき、決して、「1位は取らないと思って挑戦するのではない」ということは間違いないことです。


同様に、私は塾生に『テスト勉強の目標は100点それ以上それ以下でもない結果を出すことだけを考えて努力すればいい。』と叱咤激励しています。逆に『どの問題をどう間違って80点にするのか』と説いたりもします。

楽な方法がないかを考える子どもたちがいますが、「楽な方法で高得点は取れない」ことをわかっていません。


「わからないままのあやふやな知識」という、「諦め学習」は、学校でも塾でも起こり得ます。学業貪欲でいい、知りたい知識に執着して、調べて、納得のいくまで学問習得する、自分のものにしてもらいたいものです。


サンテミリオン学習塾(現在はブリスマーク進学塾)は、ひとり一人の生徒が「知りたいを貪欲」に「わからないを克服する」「熱心に努力する」よう導きます。


学問の習得には「とてつもない努力が必要だということ(特に勉強が嫌いだと生徒自身が思い込んでいる場合)」そして、「合格」という結果は「普段からの自分の平均的な実力」(定期的な模試の偏差値など)を正確に把握していることが大切だということを、生徒に合わせた説明で「モチベーション(動機づけ)」を上げています。


サンテミリオン学習塾(現在はブリスマーク進学塾)は安定した学力、それぞれの学年での習得を目指します。

「志望高校の偏差値以上の学力」を、サンテミリオン学習塾(現在はブリスマーク進学塾)は目標としています。


赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」

四つ葉のクローバー : 確率「10万分の1」

*ブリスマーク®進学塾 塾長大場敬子のブログを2022年7月より、2013年ブログから掲載させて頂きます。10年間の歳月の流れが面白い!

ブリスマーク®進学塾 塾長大場敬子

ブリスマーク®進学塾 https://www.blissmark-japan.com/private