• 大場敬子

七夕キャンペーン開催! 7月7日(木)~8月7日(日)



短冊願いを込めて、結婚相手見つかりますように❤

入会金10,000円OFFで、婚活応援です!


七夕と言えば、仙台七夕が有名ですが、は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 来場者数200万人以上の人が訪れているという日本最大の七夕祭り!開催予定ですが、コロナ感染拡大してます。


仙台七夕まつりは例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたって行われます。


毎年7月7日の夜に、天の川を隔てて会うことができなくなった織姫彦星が、1年に1度だけ会うことができるというロマンチックな日。願い事を書いた色とりどりの短冊七夕飾り笹の葉につるし、星に祈る習慣が各地で広く親しまれています。


棚機(たなばた)古代日本における禊(みそぎ)の行事、つまり穢れ(けがれ)を清める行事でした。


棚機行事では、まず村の乙女が水辺の小屋にこもり、着物を織って棚に供え、神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清めたとのこと。着物を織る際に使用されたものが、棚機という機織り機でした。

やがて日本に仏教が伝えられ、棚機はお盆を迎える準備のための行事として旧暦7月に行われるようになったようです。


乞巧奠(きこうでん)は、織姫にあやかり機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事です。7月7日に庭先の祭壇に五色の糸を供え、星に祈りを捧げました。後、機織りや手芸だけではなく芸事や書道といった手習い事の上達願う行事となったとのこと。


乞巧奠(きこうでん)奈良時代に日本に伝わると、日本にあった棚機(たなばた)と融合し、七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になったようです。


七夕(しちせき)は、織姫と彦星の逢瀬と詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ、五色の糸金銀の針山海の幸を供える行事です。供物の祭壇の左右にはが立てられ、五色の糸がかけられたと言われています。また、梶の葉和歌をしたため祀りました。

この五色の糸梶の葉が、笹飾りの始まりと伝えられています。


室町時代になると、宮中行事である七夕、そして織姫と彦星の物語が民間に伝わりました。そして、農村で古来より広く行われていた棚機(たなばた)にちなみ、七夕(たなばた)と読むようになったと言われています。


【七夕飾りの意味】

折鶴(千羽鶴):長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。

吹き流し:吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。

網飾り:網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。

財布(巾着):折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。また、本物の財布を下げることもあります。金運の上昇を願います。

神衣・紙衣(かみこ):神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。人形に災い穢れ身代わりになってもらう意味もあります。

くずかご:七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。整理整頓倹約の心を育む意味があります。


【短冊】

五色の短冊に願い事を書いて飾ります。七夕はもともと機織り裁縫の上達を願う行事のため、手習い事の上達を願う方が良いとされています。


五色の短冊の意味:初めは五色の糸を飾っていたことから、江戸時代に転じて五色の短冊が使われるようになりました。五色は、「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことを指し、古代中国の陰陽五行説に基づいた色。この五色を短冊や吹き流しに使用することにより、魔除けの意味を持たせたと言われています。

江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれました。

結婚カウンセラー 大場敬子

結婚相談所ブリスマーク®ホームページ  https://www.blissmark-japan.com